事例報告

問題

千葉県市川市の2階建ワンルームアパート(全16室)は築20年であったが、管理会社の怠慢等により、それまでほとんど改修工事を行なわなかった。そのため壁の剥がれ、階段等金属部分の錆び、雨漏り、給排水設備の故障により賃借人から苦情が続出し、結果的にほぼ全室が空室となった。

また、賃料の長期滞納先(2室)もあり、所有者より正常な管理のもと安定的な家賃収入を確保したい旨の相談を受けた。

提案

当社の協力業者での低廉な改修工事、資金調達のための金融機関紹介及び返済計画策定、家賃滞納者に対しては、当社の顧問弁護士による法的追い出し、及び滞納家賃の回収について提案した。

また、アパート管理については、低廉且つ完全な管理を目指す当社のプランを提案した。

実施

工事特に入居者の安全面を重視した改修工事、及び各室リフォームを実施した。
資金調達 当初の提案のとおり返済計画にも問題なく、非常にスムーズに資金調達ができた。
家賃滞納者 顧問弁護士に依頼し、法的な退去手続きを実施した。また、滞納家賃についても、支払い可能な返済計画を提出させ、交渉の上返済についての契約書を取り交わした。
管理業務当社と所有者との間で、管理委託契約書を締結した。

結果

工事

外壁等については高耐久の材料を使用し、長期間メンテナンスの不要な仕様の工事を実施。また、当アパートの地域的環境や室内の造作等より、入居対象者を若年層と判断し、外装は対象者を意識した色彩に仕上げた。

なお、室内については所有者の希望を優先し、極力低価格の工事とした。

家賃滞納者 滞納者に遺恨が残らないように、スムーズに退去させた。また退去前までの滞納家賃については、返済契約書のとおり約定返済中。
現在の状況

平成13年2月、所有者との管理委託契約に基づき入居者を募集し、現在15室が入居中。既に8室が当初の契約期間を経過し更新手続き済みであります。

賃料滞納については、諸事情により1先のみ1ヶ月遅れがあるものの、その他は全て契約どおりに支払われています。そのため、リフォーム資金の返済については全く遅れなく、近々繰上げ返済も計画している状況であります。

所有者から、「思った以上の成果に、非常に満足である」との感謝のお言葉を頂戴しました。