資金

銀行の舞台裏話します・
社長必聞 融資の五原則!

商売では相手先の事情を知り取引をした方が事は有利に進められます。これは金融機関との取引においても同じです。

実は、金融機関には融資に際して、融資の五原則と言うルールがあります。これは貸出の五原則と言われたり、基本原則とも言われます。ともかく、融資担当者に共通の融資をする際の判断基準なのです。今月は、銀行取引に悩む社長の皆様のために融資の五原則を説明しましょう。

さて、その融資の五原則ですが、安全性、収益性、成長性、流動性、公共性の5つです。では、各々説明しましょう。

  1. 融資の五原則
  2. 安全性の原則
  3. 収益性の原則
  4. 成長性の原則
  5. 流動生の原則
  6. 公益性の原則

安全性の原則

安全性の原則は、融資が期日に確実に回収されることです。金融機関にとっては一番大切な原則です。各金融機関は人様のお金を使って融資をし必ず返してもらう。この原則は、融資課配属の一年生銀行マンが一番先に叩き込まれることです。

この安全性の原則が崩れ、契約通り回収できないと、金融機関では不良債権が発生してしまいます。金融機関にすれば資産の健全性を支える原則です。また、この原則が崩れると、預金の払い戻しができなくなり預金者保護ができなくなります。

そのための金融機関では融資に際して、資金使途の妥当性、約定に従って円滑に返済いただけるかどうかという支払能力、返済財源、担保力・保証、企業の信用力等の審査をします。通常のビジネスで売上に際して、相手の与信を考えるのと同じですが、金融機関ではその判断をもっと客観的に細かく検討します。

収益性の原則

収益性の原則は、金融機関が信用リスクに見合った適正な利潤を確保することです。金融機関の利益は、貸出金利−資金コストです。金融機関も当然ビジネスですので、採算を確保しようと考えます。

金融機関が収益性を判断する際の中心は貸出金利と調達コストですが、他にも融資候補先の預金、貸出効率、他行の動向などを総合的に考慮して収益性の判断をします。特に、今は、銀行の格付けに従って貸出 金利が決められます。

ただ、社長として忘れてならないのは、貸出金利は、あくまでも金融機関の希望金利であり絶対的なものではありません。社長としては、銀行とは実質金利で交渉することがコツです。

成長性の原則

成長性の原則とは融資の結果、その企業の健全な成長に寄与するかと言うことです。この判断のために、金融機関は融資候補先の業界全体の将来性、業界内の地位、ライバル会社の動向、販売力、商品力、経営者の手腕などを総合的に評価するのです。

また、成長性の原則では、融資先が成長し、金融機関も成長したいと考えています。

流動性の原則

流動性の原則は、融資は繰り返し、継続して行われ回転させることです。これは金融機関特有の原則です。金融機関は、融資をしてから、回収までの時間が短いほど、良しとします。

と言うのは、金融機関では資金が長期で寝てしまうよりも、途中で一般返済してもらい、また貸出をした方が金融機関としては安全です。また、他の会社に新たな貸出資金としても運用できます。

わかりやすく言うと、長期の貸出より、短期の貸出を繰り返した融資の方が金融機関の内部ではポイントが高いとも言えます。

公共性の原則

公共性の原則とは、金融機関の社会的責任の表明です。ビジネスとして儲かれば良いと言うのではなく、融資先企業に公共的な使命、社会的意義が認められなくてはなりません。

具体的には、金融機関では融資先業種を絞ったり、融資先が法令や行政上の規則、指導に従いビジネスを行っているか判断されます。

以上の5原則を裏からみるとお金の借り方のコツが見えてきます。つまり、金融機関が融資をする際に一番気にすることは、安全性の原則です。つまり、予定通り返してもらえるかです。これは社長からすれば「返済に関する説明」が大切と言うことになります。覚えておいて下さい。借入は、金融機関へのお願いではなく、実務は返済に関する説明と心得て下さい。もっと、借入の実務のノウハウはあるのですが、詳細は、また別の号でお話しいたします。

ただ、社長の皆さん、前月のニュースレターでお話ししたように「借入限度額」を忘れないで下さい。復習すると、年商の半分を超える借入をすると普通の利益では、なかなか借入返済できない世界に入ります。健全な会社の借入は、業種により異なりますが流通業で月商の3ケ月、メーカーやサービス業で4〜5月程度が目安です。

私は、社長には、「借入名人」でなく「稼ぎ名人」になってほしいのです。