増販

業種別増販増客売上増の方程式

売上は、客数×客単価ではない:売上を倍にするための仕組み作り

大半の企業も店も、目標とする売上高が達成できない問題を抱えています。

しかし方程式を持つと、変わります。

店舗販売では目標額を達成できないとき、販売会売上の方程式に基づいて販売会を実施すれば、販売会の売上高が加算され、目標額に達することができます。

営業活動では、業種によって異なるものの、とくに新規顧客獲得の方程式を持っている企業は、確実に売上を伸ばしてゆきます。

売上増の方程式を作って勝ち組みへ!(図)

また、『記念日の方程式』は、飲食店の定番です。一定の率で予約を確保できれば、通常売上に加算されます。

住宅会社では『紹介の方程式』があります。建てて頂いたお宅に、小まめに点検をすると、紹介需要が派生します。小まめに商圏内のお宅に出入りしてご家庭の家電製品の実態を掌握している家電店は、買い替え周期を押えて小まめなコミュニケーションと提案で、需要に繋がります。

その他多様な方程式があり、他業種に利用できることも多々あります。方程式が出来ると、次回実施時に改善の指標ができ、計算づくで売上倍増も可能となります。

CTPTマーケティングは、増販増客マーケティング

売れない時代に売るための『方程式』

売り方の方程式がある。
 などというと、数式のように堅苦しく思われるかもしれませんね。

しかし、昔から、どんなお店も企業もやってきたことです。次のことを必ず考えるのではないでしょうか?

  • どんな商品を売場に置けば、売れるだろうか?
  • この商品は、あのお客様(あのお宅、あの会社)なら買うのでは?
  • どんな売り方で売ろうか?
  • どんなチラシを配布しようか?
CPTPマーケティングの流れ(図)

こうした考え方を徹底して実践すると、不況で他の店が売れない状況にもかかわらず、売上目標を着々と達成してゆくことができるのです。

JMMOでは、日本の中小企業や商店に適したマーケティングを開発し体系化しており、それがCTPTマーケティングです。

CTPTマーケティングはまた、増販増客マーケティングとも言いますが、図のCTPTを重視し、全国各地で多数の成果を上げています。

わずか数カ月、売上大変化!CTPTマーケティングの実践者たち

以下の方々ほか多数の成功者の皆さんにご登場いただき、生き生きと売上増の方程式をご発表いただきます。

飲食編 3周年記念イベントを機に25%増 】

数店舗展開する居酒屋チェーン店、3年目を迎え、売上を維持拡大するために3周年イベントを企画し、こまやかな告知活動を展開。結果新規顧客の大量確保に成功し、毎月25%の売上増に結びつきました。ほか身内マーケティングからコストをかけずに売上80%増、食品卸売会社が法人向け提案営業で1500万の売上増ほか、すぐに実践できるノウハウを豊富にご紹介します。

サービス編一気に満室!ホテル予約システム 】

3年あまりで全国25ホテルに導入されたホテル予約システム。導入ホテルのネット予約数を確実にアップさせる成功パターンを駆使し、ホテルの売上増に寄与している新進気鋭のシステム会社ほか、2年半前の年商がなんと月商となる増販(ヒトケタ増・10倍増)に成功したリゾートホテル、でかハガキシステムで事業立ち上げ、商店街の活性化、幼稚園の園児増など様々な分野、ニュービジネスをご紹介。

建設関連編 累積型ビジネスで収益確保 】

住宅着工数100万戸割れ時代、公共工事の縮小と、建設事業の行く末を案じ、遊休土地活用にコンテナルームビジネスを開始。8ヵ月で3ケ所に増設し経営の安定構造を作った建設会社。ほか、脱公共工事を目指しマンションFC事業に着手、収益確保と同時に社内体質の改善にも成功した建設会社、性能住宅のブランドを活用し、前年比180%を達成した地元密着型の住宅会社、インターネットでリフォーム仲介業を立ち上げ、日本随一の地位を築いた成功事例など、不況下、逆境でも勝ち続ける企業のノウハウをご紹介。

小売編 訪販と販売会で価格競争と無縁! 】

低価格競争激化の家電業界であるにもかかわらず、地元客との密接なコミュニケーションを行い、販売会を実施したこの家電店は、昨年対比売上3倍増の成果をあげました。小売業のみならず他業種も応用可能な催事販売会、訪問販売ノウハウ満載です。

企画編 増販増客プランニングの方法 】

業種業態、規模にかかわらず、自ら組み立て、成功の方程式を作ることが可能です。法人営業、農産物販売、病院から新事業立ち上げまで、全国各地のマーケティングプランナーが成果を一挙公開します。