資金

社長のための 間違わない資金対策

営業キャッシュフローを増やす秘訣!

3つの資金づくり

企業がお金を作ったり増やしたりする方法には営業、投資、財務の3つのキャッシュフローのいずれかを増やすしか方法はありません。

営業キャッシュフローは、商売で現金を増やす方法です。投資キャッシュフローは、資産の売却により現金を作る方法です。財務キャッシュフローは、増資や借入により現金を増やします。

近年、キャッシュフロー経営と言われて久しいですが、キャッシュフロー計算書は今、普通の会計ソフトで自動的に計算されます。キャッシュフロー計算書は、今や貸借対照表、損益計算書と並んで社長として理解すべき基本財務諸表となっています。

お金の作りは方法は3つだけ

図

営業CFの内容

営業キャッシュフロー(営業CF)とは企業の営業活動によって生じた一定期間のキャッシュ流入額と流出額の差のことです。各種のキャッシュフローの中でも企業の収益力を如実に示す指標です。

日本企業の多くが採用している間接法による営業CFの計算では、税引後利益に減価償却費等のキャッシュの流出は伴わない項目を加えます。その上で売掛金や買掛金といった営業債権・債務や在庫の増減を加減させます。

算式で表せば、「営業CF=税引後利益+減価償却費+売上債権の減少+棚卸資産の減少+仕入債務の増加」となります。

営業キャッシュフローの内容

図

営業キャッシュフローを増やす方法

営業CFを増やすには、@本業で利益を出すか、A売掛金回収、在庫を圧縮する等、社長の決断で資金を作る2つの方法があります。少し説明します。

1:本業で利益を出す

資金は、まず利益からつくらなければなりません。売掛金の回収方法、支払いの繰り延べなどの方法もありますが、会社の根本的な資金繰りの王道は「本業で利益を出す」ことです。毎月の試算表では損益計算書の「営業利益」の部分です。

利益を出す超簡潔ポイントです。短期の売上増のコツは、今、売れている商品に力を入れることです。適時、繁盛店を見て回り、マネが出来る長所はマネします。

コストの削減の最重要キーワードは「止める→減らす→変える」でした。仕入であれば、相見積り、再見積りをとります。仕入業者の新規開拓をします。

  • 利益からの資金づくり
  • まず本業の利益を出す(営業利益)
  • 売上:売れているモノに力を入れる
  • 売上:繁盛店をマネる
  • コストを削減する→「止める、減らす、変える」

2:売掛金の早期回収

次に、売掛金の早期回収に努めます。そして、売掛金は買掛金より先に回収できることを目標にします。営業取引で「売掛金−買掛金」の差額を回転差資金と言っています。簡単に言えば「入金の後に支払いをする」と言うことです。この会社の中心である営業取引で回転差資金を生むか生まないかは大きく資金繰りに影響します。回転差資金は得意先と仕入先の両面から攻めます。

また、回収は入金期日を過ぎた売掛先を、時間をあけず督促し回収します。滞留売掛金は、先方にうるさく・うるさく督促し回収に努めます。

  • 売掛金からの資金づくり
  • 回転差資金を考える
  • 入金期日の管理
  • 滞留売掛金の早期回収
  • 与信管理を忘れない

3:在庫の早期売却

次に在庫対策です。過剰在庫は社長が思っている以上にあります。まず、必ず社長が自社の倉庫の棚卸し現物在庫を自分で見ます。社長が思っている以上に実際の在庫、特に滞留在庫は多くあります。

在庫は仕入業務、販売業務のどこかに、業務の不具合がある場合に、過剰在庫として表れます。仕入を社長の方針を示さず担当者に任せておくと社長が知らない間に仕入が増え過剰在庫となります。

過剰在庫は処分し、売れ筋商品中心の在庫に移行します。倉庫の場所を減らすと、不思議と在庫は減ります。さらに在庫は、「売上の○○月分を適正在庫とする」と言うように目標値を決め削減します。

  • 在庫からの資金づくり
  • 決算に関係なく棚卸しを実施し現物を見る
  • 売れ筋商品中心の在庫
  • 適正在庫水準を決めろ
  • 不良在庫(年齢調べ)の早期処分

4:買掛金の支払繰延

買掛金では、売掛金で説明したように回転差資金を考えます。そのためには、支払条件を変更することも必要となります。主要な仕入先を変えるぐらいの方法で支払条件を変えて下さい。仕入先を変えても会社はつぶれません。もちろん、掛けで売るなら掛けで仕入れることが基本となることを忘れません。

  • 買掛金からの資金づくり
  • 入金の後に支払い(回転差資金)
  • 支払条件を変更する。
  • 仕入先を変える
  • 掛売りには掛仕入れ